haik講座

Webサイトを見るために使うデバイスが、パソコンからスマホなどのモバイル製品へ大きくシフトしてきました。これによりパソコンの画面専用のサイトでは、スマホなどから訪れた訪問者は、スマホ対応していなため直ぐに他のサイトへ移動してしまう傾向があるようです。
スマホで見る環境へ変化
そこで、スマホでもパソコンでもデバイスに最適な表示を自動で行い、ストレスのないWebブラウジングを可能とする解決手段としてレスポンシブWebデザインがあります。
haikはレスポンシブWebデザインに対応し、かつWiki書式を使用してWebサイトを作成するとても使いやすいツールです。しかも無料で提供されています。
haikはPukiWikiがベースとなっており、それにCSSフレームワークであるBootstrapを導入することにより、レスポンシブWebデザインを実現しています。

haikとQHMの比較

 haik (QHM V6)QHM
本体価格無料19,000円(無料版もあり)
デザイン1つ無料版が付属本体に67種以上が付属
デザイン販売有料版あり有料版あり
スマホ対応対応済(レスポンシブWebデザイン)簡易的に対応
HTMLHTML5 + CSS3V4までXHTML 1.0 Transitional
V5あたりからHTML5になった。
インストールインストール用の1ファイルをダウンロードしてそれをインストール先のサーバに設定してインストールインストール用のサーバに接続してインストーラを起動
マニュアル詳細なマニュアルあり詳細なマニュアルあり(QHM V5)
管理会社QHMの開発元である(株)北摂情報学研究所から(株)リンクアップパートナーズへ引き継ぐ予定でしたが、別のところへ引継ぎを行っている最中です。(2016.9.22現在)(株)北摂情報学研究所。現在は、サポートを行っていません。

haikの画面構成

無料のテーマ(haik_seed)の画面は以下のように5パートで構成しています。
各パートはページまたはその他の項目で構成されます。たとえばメニューもひとつのページの機能を持っています。そのため、あるページにメニュー項目を記述しておいて includeすることでメニューを作成することも可能です。

パソコンで閲覧した場合

ナビ
      アイキャッチ      

  コンテンツ  

メニュー
フッター

スマホで閲覧した場合

ナビ
      アイキャッチ      

  コンテンツ  

メニュー
フッター
パートページ名説明
ナビSiteNavigatorパソコンのとき横並びのナビがスマホの時はMENUアイコンに変化する
アイキャッチなし目立つ画像を載せる。テキストも載せる
メニューMenuBar見出しのおまじないでリンク指定
コンテンツFrontPage ...など.いくつでも自由に作成できる
フッターなし全ページに共通のフッターを作成する。QHMにあったナビ2はhaikではフッターに統合された。

ご意見箱

皆様のご意見をお待ちします。

  • Quick Homepage Maker v4.91を使用してますが、haikのアイキャッチが気に入ってますが
    Quick Homepage Maker v4.91に使用可能でしょうか。
    その場合の挿入方法をお教えください。
    -- 阪田 篤 2016-11-10 (木) 10:46:38
  • 阪田さん
    QHMはたしかVer6から レスポンシブデザインに対応したはずです。
    構造が大きく変わっているので、haikのアイキャッチは使用できないと思います。
    -- tomzo 2016-11-10 (木) 22:51:19

当ページは役に立ちましたか?

選択肢 投票
とても役に立った 8  
少しだけ 2  
あんまり 1