よくある質問

Q:QHM/haikのログインID,パスワードを忘れてしまいました。
A:ログインID,パスワードを忘れたときの対処方法は2つあります。

  • 方法1)
    QHMのインストールシステムを使い、パスワードをリセットする方法。
  • 方法2)
    FTP接続し修正するファイルを探し、それを自分で修正する方法。

■方法1

以下の画面を表示させ、データ入力後、「接続する」を押す。
https://ensmall.net/p/qhmpro/sys/login.php
・FTPサーバー:
・FTPアカウント:
・FTPパスワード:
・設置先フォルダ:
・設置先URL:
何を入力してよいかわからないときは、方法2にチャレンジする。
接続後の画面で「パスワードのリセット」を押す。

■方法2

FTPでサーバへ接続し、以下のファイルを書き換えることにより、IDとパスワードをQHMインストール時の値に初期化できます。
修正するファイルの行番号は、QHM版数により少し前後します。

初期値
ID: homepage
PW: makeit

【注意】
ファイルを修正する前に必ずバックアップをとりましょう。
重要なファイルを修正しますので、間違って修正したとき元に戻せるようにします。
QHMのバージョンにより修正するファイルが異なります。

対処1(qhm.ini.php が存在するとき)

 例)QHM Ver4.79のとき (Ver4.7付近からこのqhm.ini.phpが追加された)
qhm.ini.php が存在するとき、このファイルを更新する。
haik(QHM Ver6) もこれと同じ qhm.ini.php を更新する。

以下の値に書き換える
25行目:$username = 'homepage';
26行目:$passwd = '{x-php-md5}7c428c26d9f7ab40eddcf6c09583e678';

対処2(qhm.ini.php が存在しないとき)

 例)QHM Ver4.24のとき
qhm.ini.php が存在しないときは、pukiwiki.ini.php ファイルを更新する。

以下の値に書き換える
188行目:$username = 'homepage';
185行目:$passwd = '{x-php-md5}7c428c26d9f7ab40eddcf6c09583e678';

■具体的な手順
 準備:
  UTF-8のファイルが編集可能なエディター
  FTPソフト

1) QHMがインストールされているサーバにFTPで接続する。
2) qhm.ini.phpを探す。なければ pukiwiki.ini.php を探す
3) 探したファイルをダウンロードする。
  ここで、ダウンロードしたファイルをコピーしてバックアップをとる。
4) ダウンロードしたファイルをエディタで上記の通り修正する。
5) 修正したファイルをアップロードする。
6) QHMのログイン画面を表示して初期値でログインする。
7) 正常にログインできなかったら、バックアップしたファイルをコピーして
 元に戻す。元に戻したファイルをもう一度、慎重に修正して確認する。


(未稿)

ご意見箱

皆様のご意見をお待ちします。


当ページは役に立ちましたか?

選択肢 投票
とても役に立った 1  
少しだけ 0  
あんまり 0